So-net無料ブログ作成
検索選択

「30分1食」勝負!〜食べない子を食べる子に変えた秘策とは [しつけ]

テーブルの上にご飯とみそ汁とおかず、それとマグカップに入った牛乳。
「いただきます!」と威勢がいいのは最初だけ。
20分経過。まだ半分も食べ終わらず。
40分経過。ようやく半分ぐらい。
60分経過。まだ食べきれず。……。
「いつになったら食べ終わるの!!!」 ママさん、爆発!!!
 何回あったことでしょうか。もちろん、週末はパパも爆発したことがあります。いけないことと思いつつ、どうしようもないとわかっていつつ、泣かしてしまう。
でも、まったく食べる気がない……。
学校で給食が始まったらどうしよう。このまま食べるのが嫌いになったら。
いえ、告白すれば、感情にまかせて怒鳴ったこともあります(手をあげたことはありませんが……)。最低最悪。自分でも自己嫌悪に陥ります。
「大丈夫よ、うちの子も食べなかったけど、いつか食べるから」
経験者のアドバイスをありがたいと思いながらも、現実に食べない我が子を目の当たりにすると、また同じことの繰り返し。

「これじゃいけない。子どものためにも、自分のためにも」
悩み抜いて、ママさんがある方法を考え出しました。
その方法とは、食べても食べなくても、食事時間を30分にするというもの。
残した分は、朝なら昼に(幼稚園のお弁当がある場合は、夜に)、
夜なら翌朝に持ち越しです。
持ち越しがあっても、30分は守ります。いっぱい残しても怒らない。
次、がんばろう! 次にもっといっぱい残しても、その次にがんばろう。
「30分1食勝負!」
ちょじ、最初は戸惑っていたようです。30分で食べきれず、泣いたことも。
「いいのよ。怒っていないから。次に食べればいいんだから」
最初は残すことも多かったです。でも何とか次の食事中には食べ切ることが
できるようになってきて(おやつがわりに食べたことも)……。
もう、10日以上たったでしょうか。今では、ほとんど30分以内に
きれいに食べ切ることができるようになりました。
負けず嫌いの性格もよかったのかもしれません。
ぺろりと平らげて得意そうな顔しています。この1、2年間がウソのように……。
食事の量は減らしていません。成長のために、きちんと全部食べさせなければダメ。何時間かかっても食べ切らせてきました。食べるのが嫌いだったちょじが、同年齢の子と比べても体格的に見劣りしないのは、ママさんのおかげです。
母の底力ですな。すごいと思います。
「明日から、そうすることに決めたから」。宣言したママさんに、
「持ち越したら、その分、少し減らしてあげようよ」。
そんな妥協案を提示してしまうようなパパにはとても真似できません。
「ねえ、ちょじ、最近、丸くなってこない? あご、二重になってきてない」
最近は別の心配が……。
nice!(1)  コメント(1) 

nice! 1

コメント 1

けんまま

この気持ち、ホントよくわかります!
うちの子たちも一口二口しか食べてくれないので…。
でも、私はあきらめちゃっているので、二人ともやせ
ぽっちでちびです(^^)
こどもは丸っこいくらいがかわいいですよね。
by けんまま (2010-02-26 23:01) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。