So-net無料ブログ作成

田植え [この頃]

「子どもに経験させてやろう」。
もともとの趣旨はそんなところでした。
知り合いを頼って「田植え」を見に行く小旅行を計画したのです。田んぼはもちろん見たことがあるし、田植えの様子も分っているつもりでした。でも冷静に振り返ってみると、自分も田植えを
間近に見たのは今回がきっとはじめてです。
米食文化の国に生まれてン十年、何とも恥ずかしい話です。

「田植え機」というそうですね。ハイテクといえるのかどうか分りませんが、
セットした稲の苗がキレイに植えられていく様子、なかなか感動ものです。
「収穫はいつ頃ですか?」と尋ねたら
「10月5日前後だなあ」という返事。
そんなにキッチリしていることも知りませんでした。
肝心の子どもですが、一緒にいた知人のお孫さんたちと泥遊びモードに突入。
長靴を脱ぎ捨て、苗の植わっていない田んぼの端っこにズブズブと入り、
思い切り尻餅をつき、最後はズボンを脱ぎ捨てて大はしゃぎでした。
今植えた苗がが育って稲穂が実り、お米になる……と一応は説明しました。
でも、きっと覚えていないでしょう。
ゲンゴロウやカタツムリ、アメンボで頭はいっぱい、
裸足で泥んこの田んぼを歩いたインパクトは強烈だったに違いありません。
そうそう、あんなに大量のアメンボ、久しぶりに見ました。
貴重な経験をさせていただいた「じいちゃん」「ばあちゃん」、
ありがとうございました!


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 2

ほづ

貴重な経験ですね。(将来、お子様は覚えていないかもしれませんが)
ふだん何気なくたべているお米も、この日はきっとおいしかったでしょう。(笑)
私も北海道の田舎出身なので、自分が子供の頃よくみていた、畑の風景や、
いろいろな体験を息子にさせてあげたく思っていますが難しいかもしれませんね。
by ほづ (2006-06-22 22:53) 

issimo

コメントありがとうございます。おっしゃるとおり、きっと覚えていないでしょうね。かくいう自分も、両親にはいろいろさせてもらったとは思いますが、覚えているのは断片だけです(笑)。それもアルバムを手がかりに……。でも、自分も親になって、いろいろ体験させてくれたことをありがたく思う今日この頃です。
by issimo (2006-06-26 11:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。