So-net無料ブログ作成
検索選択

イタリア語の先生との子育て談義 パート3 [しつけ]

"Come stai?(元気?)"
"Il mio fisico e` bene. Ma.adesso .ho una dificolta`
(からだは元気。でも、ちょっと問題抱えててね)"
"Cosa ti e` successo?(どうした?)"
こんな会話で始まったレッスン
最近、在宅で仕事をしているときの悩みで、結構ストレスたまってます。
モヤモヤした気分で教室(といってもマンションの一室ですが)に入り、
ポロッと言ってしまいました。そこから1時間のレッスンは、人生相談モード。
「いや、4月からうちの長男が幼稚園に通い始めたでしょ。で、最近、
帰ってくるとたまに弟をいじめるんだ」
「いじめるって?」
「髪の毛引っ張ったり、蹴ったり、押したり。多分、はじめての集団生活だったり、
はじめて教わることがあって、上手にできなかったりでストレスがたまっていて、
それが家での行動になっていると思う」
「なるほど。確かにそれはストレスだね」
「で、弟はいじめられて泣くでしょ。で、上の子を叱ると泣くでしょ。
家で仕事をする機会があるから、そんなとき、それが自分にもすごいストレスになるわけ」
「うーん」
「仕事が邪魔されたストレスで、こっちもきつく叱ったりして、つい手を出したりすることもあって
自己嫌悪になる」
「……。部屋に子どもの絵、飾ってる?」
「絵?」
「そう。長男くんが描いた絵。絵といっても、もちろんいたずら書きみたいなものだけど」
「いや、飾ってないな」
「僕の部屋はね、壁中子どもの絵だらけ。リビングなんかもね」
「どういうことだろう?」
「子どもが絵を描いて持ってくるころあるでしょ。そのとき『ありがとう。よし、じゃあどこに
飾ろうか』って言って、壁をさして『ココにする?』って。子どもはすごくうれしそうな
顔をするよね。自分の描いた絵を喜んでくれているという満足感とか自信。この気持ちを
持たせてあげることが大事なんだと思う」
「なるほど。幼稚園でストレス、家でも叱られっぱなしでストレスじゃ……」
「そう。居場所を与えてあげることが必要なんじゃないかな。手伝いもいろいろさせて、
自分はこの家、この家族に必要とされている。大切な役割を果たしている。
そう思えるだけで、気持ちはずっと落ち着くと思う」
(いつも思うんだけど、彼の話はいつも説得力があります)
「だから、いろいろなことをさせてる。たとえばエレベーターのスイッチも『○階押して』って。
それが彼女(先生の長女)の役目」
ここでひとつ思ったことがあります。公共の場でこれをやることにワタシは抵抗があるのです。
たとえば駅の自動改札機で「ハイ、○○ちゃん。切符入れて」ってやっている親がいます。
急いでいるときに、これをグズグズやられると、
「自動改札機はおもちゃじゃないんだけどね」って思うわけです。
その考えをぶつけてみました。
「確かにその通り。だから、状況を見てやる。後ろに人がいないか、迷惑をかけないか。
迷惑になりそうだったら、そのことを子どもにきちんと説明して、やらせない」
会話をしながら、モヤモヤが少しすっきりしてきた気がします。
「早速、明日、絵を飾ってみようと思う」
「ああ、ぜひ試してごらん」
あっという間の1時間でした。
その成果については、また改めて。


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 1

コメント 4

samusuni

こんばんは~
一つ質問なんですが、イタリア語の先生との会話って、何語ですかぁ?
イタリア語で育児トークしてたら凄いですね!!
by samusuni (2006-05-27 20:09) 

ほづ

こんばんは。
毎回、このお話は参考にさせていただいております。
自分がきちんと、子供の立場にたって居場所を作ってあげられるようにしなきゃなぁと、
肝に銘じておきたいですね(忘れそうですが)
by ほづ (2006-05-28 22:57) 

issimo

samusuniさん、ご質問のこたえは、イタリア語9割、日本語1割です。
レッスンなので、できるだけ日本語は使わないようにしてます。
でも、彼(先生)はこちらが言っていること(日本語)がわかるので、
ついつい難しいニュアンスを説明するとき、それに頼ることも……。
現場を客観的に見ると、とてもペラペラって感じではありません(笑)。
ブログでは言葉に詰まったりしてるところはもちろん省略してます。
でも言っていることは間違いない(はず)です。
by issimo (2006-05-29 12:14) 

issimo

ほづさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。
男性同士で育児話ができる機会が少ないこともあって、ついつい
同世代の子どもを持つ彼と話してみるのですが、いろいろ意見交換が
できて参考になります。我が家の部屋の壁にも絵を飾り始めました。
ブログにも「その後」をアップしたいと思ってます。
by issimo (2006-05-29 12:15) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。